湖池屋は55年間ずっと日本産じゃがいも100% 湖池屋のはっけよいのこった!大一番! 湖池屋は55年間ずっと日本産じゃがいも100% 湖池屋のはっけよいのこった!大一番!

のり塩アートムービー公開中 懸賞旗

日本にこだわり、大相撲 9月場所にて「日本産じゃがいも100%」を懸賞旗で堂々宣言!

懸賞旗掲出日程:2017年9月10日(日)~
2017年9月24日(日)

※懸賞旗の掲出内容は日によって異なります。

イケイケ!GOGO!湖池屋 これからの湖池屋

湖池屋は今年、「湖池屋ポテトチップス のり塩」が発売55周年を迎えることを機に、今まで培ってきた歴史と伝統を継承しながらも、さらなる高みへと進化させるべく、「湖池屋ポテトチップス」シリーズをリニューアルします。

ポテトチップス ガーリック 日本産じゃがいも100% ポテトチップス のり塩 日本産じゃがいも100% ポテトチップス うま塩 日本産じゃがいも100% ポテトチップス サラダ 日本産じゃがいも100%

また、「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズにおいては、素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げなど、まるで料理を作るように理想のおいしさを追求する「KOIKEYA PRIDE POTATO」の精神を継承しながら、手作業でじっくりと丁寧に揚げられていた、創業当時のポテトチップスのような絶妙な食感を実現させた「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」を発売しています。

KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る 極みだし塩 KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝 濃厚のり塩 KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛
KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎 平釜の塩 KOIKEYA PRIDE POTATO  手揚食感 柚子香るぶどう山椒

ポテトチップスの老舗 湖池屋の歴史

創業者 小池和夫 開発の様子

1953年に湖池屋は創業しました。創業当初はポテトチップスではなく、「お好み揚げ」などのおつまみ菓子を製造販売しておりました。「湖池屋ポテトチップス」の歴史は、創業者である小池和夫が仕事仲間と飲みに行ったお店での出会いから始まります。

当時、まだ一般的なスナック菓子ではなかったポテトチップスを口にした小池は「こんなおいしいものが世の中にあったのか」と感動し、これを多くの人に広めたいと考え、ポテトチップスの開発に着手しました。 ポテトチップスの原料となるじゃがいもを日本全国から取り寄せ、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類など、あらゆる面で研究・開発を行い、試行錯誤を続けました

また、味付けについても「日本人になじみのある味」を追求しました。そして、1962年に「湖池屋ポテトチップス のり塩」が誕生しました。 1967年には日本で初めてポテトチップスの量産化に成功し、日本におけるポテトチップスの先駆者としての一歩を歩み始めました。

創業時の湖池屋/のり塩 パッケージ
創業時の湖池屋/のり塩 パッケージ
風神 雷神

のり塩アートムービー

のり塩アートムービー

「100% SONG」MUSIC VIDEO

のり塩アートムービー メイキング

「100% SONG」MUSIC VIDEO

一枚一枚、形の異なるポテトチップスに繊細な絵を描くことに試行錯誤しながら出来上がった本作品。制作期間は約4ヶ月。撮影に使用したポテトチップスは500枚以上にも及びました。 湖池屋の歩んできた55年にわたる歴史を噛みしめていただくとともに、そこから誕生した商品たちも噛みしめていただきながら「のり塩アートムービー」をお楽しみください。