プレスリリースPRESS RELEASE

阿部サダヲさん扮する『コイケ先生』、今回も活躍!
「コイケヤポテトチップス リッチカット」CMで第3幕放映

2008.09.30

株式会社フレンテの事業会社である株式会社湖池屋(本社:東京都板橋区/社長:田子忠)は、新製品「コイケヤポテトチップス リッチカット」で『コイケ先生』シリーズの新作テレビCMを製作し、2008年10月初旬より関東エリアで、11月初旬より全国で順次放映します。

『コイケ先生』シリーズは、個性派俳優として人気の阿部サダヲさんが『コイケ先生』に扮します。2007年11月より「マヨポテト」「コイケヤポテトチップス」で展開し、2008年6月には、放送批評懇談会の『ギャラクシー賞 CM部門』で優秀賞を受賞しております。今回はシリーズの第3幕です。
コイケ先生は、とある町に暮らす若手教師です。純情で悩める青年であるコイケ先生が、生徒たちと関わる光景を切り取っていきます。
今回も、コイケ先生を中心として、学校の中で起こる生徒や大人との関わりをユーモラスに描きました。『リッチな日篇』、『没収篇』、『面談篇』の3篇で、ポテトチップスが大好きなコイケ先生が活躍します。

■「リッチな日篇」ストーリー■
給料日になったので、売店へ「コイケヤポテトチップス リッチカット」を買いに来たコイケ先生。
あこがれの売店のお姉さん(中嶋朋子さん)を前に、照れながらも得意そうに「リッチカット」を買うコイケ先生ですが、その横で普通に「リッチカット」を買っていく生徒。恥ずかしそうにするコイケ先生を見て、生徒がひやかします。 はたしてコイケ先生と売店のお姉さんの恋の行方は…!?
■「没収篇」ストーリー■
「リッチカット」を持っている生徒を見つけ、それを没収したコイケ先生。
「リッチカット」は先生が特別な日のぜいたくとして楽しみにしているポテトチップスなのに、気軽に生徒が持っていることが面白くないコイケ先生は、「リッチカット」に対する熱い想いを生徒に力説しますが…。

■「面談篇」ストーリー■
生徒と個人面談を行っているコイケ先生。
成績が上がったり下がったりしている生徒に対し、その状況を自覚させようと「リッチカット」を例えにして話すコイケ先生。生徒と妙に意気投合し盛り上がっているところを教頭先生(森下能幸さん)に見つかってしまい…。


◆撮影エピソード
撮影は、都内の中学校をお借りして行いました。
阿部サダヲさんは今回もアドリブ満載で、現場は爆笑の渦に取り巻かれていました。売店のお姉さん役の中嶋朋子さんや、教頭先生役の森下能幸さんとの共演もバッチリで、次はどんなセリフや演技が飛び出すのかと、スタッフ全員がまるでドラマや舞台を見ているかのようになってしまいました。
アドリブ満載のスペシャルムービーは湖池屋ホームページで10月6日(月)から公開します。

【読者からのお問合せ先】
蠍价啣亜,客様センター
.03-3939-3773
受付:月〜金 9:00〜16:00(祝日除く)

【報道関係者からのお問合せ先】
株式会社フレンテ 広報部
:山口、佐佐木
Tel .03-3979-2112 Fax. 03-3979-2156
〒175-0094 東京都板橋区成増5-9-7